ペット訪問火葬とは

亡くなった白い犬と薄紫の花

 ペットの葬儀に関して以前は寺院や霊園などでしか火葬を行えませんでしたが、「家族同様に過ごしたペットの最後だから、出来れば自宅で見送りたい。」という要望が多くなり、専用炉を積んだ火葬車の登場によって、現在ではペットとの思い出の沢山詰まったご自宅や、お散歩コースなどで火葬が行えるようになりました。

訪問火葬が始まった初期の頃は、法整備も進んでおらず環境に対する配慮や葬儀スタッフのマナーの低さなどが問題になることもありましたが、徐々に地方自治体の条例整備や「日本動物葬儀霊園協会」などの様々な組合や協会の尽力もあり、ペット葬儀者自身のスキルアップや悪質業者の淘汰などが進み、現在ではペット葬儀では「訪問火葬業者が主流」と呼べるだけのシェアを誇るようになりました。

特に訪問火葬業者ならではの特徴である訪問サービスは、「小さなお子さんがいる家庭」や「ご年配のご家族がいる家庭」、「仕事が忙しい」などの理由で、なかなか霊園や寺院まで出向くのが難しいケースなどに非常に喜ばれるケースが多く、また各訪問火葬業者間のお互いのサービス競争の影響もあり、顧客満足度では今ではむしろ霊園や寺院を凌ぐとも言われています。

最近では少子化の影響で日本の人口自体は徐々に減ってきていますが、逆にペットと共に生きるご家族は非常に増え、ペットことを子供以上に大切に育てているというご家庭も珍しくありません。
家族のように大切に過ごしてきたペットだからこそ、最後のお別れについては出来れば共に過ごしてきたご自宅や、思い出いっぱい残る地で見送ってあげたいもの。そんな自宅で出来るペット葬儀が訪問火葬であれば可能になります。


訪問火葬車とは

訪問火葬車の画像

 訪問火葬車とは、ペット専用の火葬炉を積んだ移動式の専用車の事を言います。移動先で火葬が出来るため非常に便利な反面、火葬時に排出する煤煙等については地方自治体の制定する環境基準をクリアしなくてはなりません。例えば愛知県などでは火葬する場所ごとに許可を受けなくてはならず、火葬が可能な業者は限られています。


ペット火葬車について 天国への扉の火葬車はお骨をきれいに残すための火葬装置の温度管理を行います。

火葬時間はペットの体重によって変わります。
ダイオキシンを基準値以下に抑えられおり、無煙無臭で環境に配慮された火葬装置の構造なので近隣・周辺へご迷惑はおかけしません。


火葬炉側写真

ご希望により、火葬場所をご自宅から離れた場所へ移動することも可能です。ご自宅および周辺の区域が各市区町村の条例で火葬を行うことができないことがあります。その場合は火葬を行っても良い場所へ移動して個別火葬いたします。


火葬車の複数画像


ペット火葬装置について


火葬炉の画像横から

通常、火葬炉で燃焼処理を行う時にばい煙や臭気を伴うことがありますが、当社の火葬装置は煙や臭いはほとんど発生しません。


火葬炉燃焼中画像

また火葬装置に関するダイオキシン、窒素酸化物、いおう酸化物などの汚染物質の測定について、財団法人日本文化用品安全試験所等で行っております。
その結果発生数値が極めて低い測定結果が出ております。


測定結果01測定結果02
測定結果03測定結果04
測定結果05
測定結果06
測定結果07


※画像をクリックすると拡大表示できます


亡くなった白い犬と薄紫の花

 ペットの葬儀に関して以前は寺院や霊園などでしか火葬を行えませんでしたが、「家族同様に過ごしたペットの最後だから、出来れば自宅で見送りたい。」という要望が多くなり、専用炉を積んだ火葬車の登場によって、現在ではペットとの思い出の沢山詰まったご自宅や、お散歩コースなどで火葬が行えるようになりました。

訪問火葬が始まった初期の頃は、法整備も進んでおらず環境に対する配慮や葬儀スタッフのマナーの低さなどが問題になることもありましたが、徐々に地方自治体の条例整備や「日本動物葬儀霊園協会」などの様々な組合や協会の尽力もあり、ペット葬儀者自身のスキルアップや悪質業者の淘汰などが進み、現在ではペット葬儀では「訪問火葬業者が主流」と呼べるだけのシェアを誇るようになりました。

特に訪問火葬業者ならではの特徴である訪問サービスは、「小さなお子さんがいる家庭」や「ご年配のご家族がいる家庭」、「仕事が忙しい」などの理由で、なかなか霊園や寺院まで出向くのが難しいケースなどに非常に喜ばれるケースが多く、また各訪問火葬業者間のお互いのサービス競争の影響もあり、顧客満足度では今ではむしろ霊園や寺院を凌ぐとも言われています。

最近では少子化の影響で日本の人口自体は徐々に減ってきていますが、逆にペットと共に生きるご家族は非常に増え、ペットことを子供以上に大切に育てているというご家庭も珍しくありません。
家族のように大切に過ごしてきたペットだからこそ、最後のお別れについては出来れば共に過ごしてきたご自宅や、思い出いっぱい残る地で見送ってあげたいもの。そんな自宅で出来るペット葬儀が訪問火葬であれば可能になります。


訪問火葬車とは

訪問火葬車の画像

 訪問火葬車とは、ペット専用の火葬炉を積んだ移動式の専用車の事を言います。移動先で火葬が出来るため非常に便利な反面、火葬時に排出する煤煙等については地方自治体の制定する環境基準をクリアしなくてはなりません。例えば愛知県などでは火葬する場所ごとに許可を受けなくてはならず、火葬が可能な業者は限られています。


ペット火葬車について 天国への扉の火葬車はお骨をきれいに残すための火葬装置の温度管理を行います。


火葬時間はペットの体重によって変わります。
ダイオキシンを基準値以下に抑えられおり、無煙無臭で環境に配慮された火葬装置の構造なので近隣・周辺へご迷惑はおかけしません。


ご希望により、火葬場所をご自宅から離れた場所へ移動することも可能です。ご自宅および周辺の区域が各市区町村の条例で火葬を行うことができないことがあります。その場合は火葬を行っても良い場所へ移動して個別火葬いたします。

火葬炉側写真


火葬車の複数画像


ペット火葬装置について


火葬炉の画像横から

通常、火葬炉で燃焼処理を行う時にばい煙や臭気を伴うことがありますが、当社の火葬装置は煙や臭いはほとんど発生しません。


また火葬装置に関するダイオキシン、窒素酸化物、いおう酸化物などの汚染物質の測定について、財団法人日本文化用品安全試験所等で行っております。
その結果発生数値が極めて低い測定結果が出ております。

火葬炉燃焼中画像


測定結果01測定結果02測定結果03測定結果04測定結果05測定結果06測定結果07

※画像をクリックすると拡大表示できます



関連記事

  1. ペットが亡くなったら

    ペットが亡くなったら

  2. 葬儀の流れ

    葬儀の流れ

  3. 葬儀プランと料金

    葬儀プランと料金

  4. メモリアルグッズ

    メモリアルグッズ

  5. お客様の声

    お客様の声

  6. その他

    その他

  7. 対応エリア

    対応エリアのご案内

  8. ペット火葬で選ばれる理由

    天国への扉が選ばれる理由